2017年05月19日

日曜の担当者

愛知県安城市・刈谷市の一級建築士リフォーム事務所
アーキ・プロです



21日(日)の
リフォーム専門建築士による
「住宅リフォーム無料相談会」の担当者をお知らせいたします。

安城店・担当 矢澤       0566-91-2278
刈谷店・担当 大石       0566-91-1553
 

ご予約優先となっておりますので

まずはお電話で予約ください。




お待ちしております



〜人と建築で結ぶ一生涯のお付き合い〜
http://www.archipro.jp/
posted by アーキ・プロ at 17:21| 愛知 ☀| Comment(0) | 今週の担当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

明日の担当者

愛知県安城市・刈谷市の一級建築士リフォーム事務所
アーキ・プロです



明日の
リフォーム専門建築士による
「住宅リフォーム無料相談会」の担当者をお知らせいたします。

安城店・担当 坂部       0566-91-2278
刈谷店・担当 中井       0566-91-1553
 

ご予約優先となっておりますので

まずはお電話で予約ください。




お待ちしております



〜人と建築で結ぶ一生涯のお付き合い〜
http://www.archipro.jp/
posted by アーキ・プロ at 14:52| 愛知 ☔| Comment(0) | 今週の担当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

中古住宅 二世帯 リノベーション

愛知県安城市、刈谷市の一級建築士リフォーム事務所のアーキ・プロ株式会社です。
GWもあっと言う間に過ぎてしまいましたが、皆さんどんなGWを過ごされましたか?

さて今回ご紹介するのは中古住宅を購入して二世帯のリノベーション工事です。
45A8A57B-2875-481D-8C1C-05B549D3C0DD.jpg
今話題のリノベーション工事、最近増えて来ていますが、まだリノベーションって何⁈
興味はあるけど、中古住宅は不安!と言う方も見えると思いますのでリフォーム建築士の視点で見る中古住宅、リノベーション工事を紹介出来ればと思います。

中古住宅で心配なのは
1.建物は大丈夫なのか?
耐震性、雨漏れ☔️、耐久性、断熱性等

2.希望の間取り、インテリアが予算通りで出来るのか?

3.土地について
地盤は大丈夫?生活環境はどんなだろう⁇

大まかな不安要素としては
こんな感じでしょうか?


建築士の視点で見た時の1.建物は大丈夫なのか?についてはまず、押さえておきたいポイントとしては図面の有無ですね。出来れば建築時の建築確認申請書があれば少なくても建築時の面積、築年数、構造、法規制などがわかります。
耐震性については出来ればS56以降の新耐震基準であればある一定の基準をクリアしますので、一つの基準となります。これ以前の建物は旧耐震基準と呼ばれています。詳しくは下記URLでご確認下さい。

次に目視調査ですが
購入前に調査したいポイントは最低限これ位見なければ建物の状況が判断出来ませんし、大雑把な見積りでは契約後の予算が膨らんで住宅ローンが組めなくなる事がありますので、大事です。
通常の不動産会社さんやリフォーム会社さんではスピード契約を急ぐあまり、ここまで調査しない(判断出来ない)場合が多くあります。
ココが実は一番難しくて失敗例を多く見て来ていますね。

通常、中古住宅を探す時にはインターネットや不動産屋さんで探す事が多く、気に入った物件が出ると他の方に取られない様に直ぐに申し込みをしなければいけません。

それで、住宅ローンが組めるかどうかを直ぐに審査して、審査が降りれば契約になります。

この申し込みをして住宅ローンの審査を受ける際にリノベーションの見積りが必要になる訳ですが、この期間は大体物件にもよると思いますが2週間〜1か月ぐらいに思います。

この短期間に様々な情報を調査して処理、判断しなければいけません。

これ、かなり大変な作業ですし、シロウトの方ではこれらの情報を上手く処理して判断する事はほぼ難しいのではないでしょうか?

ここでリフォーム建築士の知識、経験がかなり活躍すると思います。

それではまずは簡単な目視調査から見て行きましょう。

まずは床下の状況確認
基礎は?湿気は?火打、根がらみ等は?
F1190DB2-221F-4754-920A-F2C4B8F5B7EA.jpg天井裏の状況確認
雨漏りは?断熱材は?金物は?
155CD9CA-D281-4CDB-8D0E-F74D355F5916.jpgベランダ状況確認
防水は?ドレンは?壁際は?笠木は?
70E1BADD-2C1E-47F9-A26B-4F3C9EA29BB9.jpg基礎状況確認
ヒビ割れは?通気口は?サイズ、ピッチは?
96793F67-56F7-4E95-A1E4-E0B609B40EBC.jpg屋根軒先状況
軒天井材劣化は?換気は?樋は?
D8825E3D-948E-425A-A27D-B09D6AF719D6.jpg
それでは、次回はもう少し詳しく2.3.について
ご紹介して行こうと思います。


posted by アーキ・プロ at 01:25| 愛知 ☔| Comment(0) | リノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする