2016年02月01日

メーカー研修 「タカラスタンダード編」

愛知県安城市、刈谷市の一級建築士リフォーム事務所アーキ・プロです

先週の土日は刈谷店のイベントにご来場ありがとうございました。
店舗イベントでの焼き芋、フランクフルト、焼き菓子等など
初の試みもありましたが、お子さん達にも大変好評でした。

ホカホカの焼き芋美味しかったですよ。

さて、本題のメーカー研修第二弾、タカラスタンダード編です。
タカラさんは言わずと知れたホーローの住宅設備メーカーさんですね
31C4412D-2036-495D-9A8B-B7D7BE137B73.jpg
ショールームの入り口に置いてあります。このキッチン。
懐かしいデザインですね〜。
30年前のタカラのキッチンです。
実際に使用されてた物なんですよ。状態の良さにビックリですね。
リフォームで解体する時も丈夫で全然壊れなくて大変なんですよね〜。

4E3EA3A4-C71C-4189-ACF1-8F3130763512.jpg
そしてこちらが最新のシステムキッチンです。
天板が「クォーツストーン」天然水晶の風合いを持つ高級人造石なんですよ。これ、高級感あってカッコ良いですよ。

30F5D935-6566-4A81-9B58-3C23206190EF.jpg
照明でキラキラ輝いてます。

CE4B5462-BD66-43FD-B8FC-C6FC4AAA2B94.jpg
次は収納の話です。
コンロ下キャピネットがこちらです。
底板がホーローなので仕切り板がマグネットで自由に仕切れます。

17AE7E42-1FE0-431C-8771-80CE741AADD9.jpg
なのでお鍋もこんな感じでスッキリ収まります。
4FAA73F6-5605-494E-8720-A2CBC08CE3E1.jpg
調味料もスッキリ。
678AC08D-92F4-4A83-8FCB-A33B1022FBD2.jpg
もう一つタカラさんの特徴としてシンク下に食洗機が配置出来ます。
これにより、調理台下の収納を幅広くとることが出来ます。
EF76B47B-CEE9-4717-A0F1-6BC8B841CF35.jpg
こちらはカウンター収納一体タイプです。
このカウンター下の水切り収納が人気なんですよね。
パネルもホーローなのでお玉など調理器具も自由にくっつきます。
01440504-0C11-4872-A5AA-4B45F0177CF1.jpg
こんな感じで小物類も揃っています。
3ADC5D56-7F1A-48ED-8416-728DF1FC2C02.jpg
つづいてはユニットバスですが、
タカラさんのバスはサイズオーダーが出来ます。
また、耐震フレーム架台で丈夫です。
75DE9882-50F1-4E22-9876-3E5769B5E8F8.jpg
床は4層構造の断熱材入りタイル仕上げです。
CB1452F2-1438-41F7-9547-CA2AB3840381.jpgFE634533-587F-42FD-9310-5BAC01687487.jpg
浴槽は人造大理石から鋳物(ホーロー)浴槽、ステンレス浴槽とグレード毎に素材も変わります。
71A0BCE5-7030-4F0B-8092-93373BEE6712.jpgBC82CA78-2813-40BA-B3A0-4A37E695A1DE.jpg657250EC-0081-4AFF-93A9-F52E03642513.jpg
洗面化粧台から

1CE153C1-D896-4696-A6E5-F7F11FDBB391.jpg
トイレまであるんです。
意外と知らない方も?
B66F6714-1F72-4EBF-B536-26A0B57E05A0.jpg
腰壁はもちろんホーローパネルで掃除が楽々です。
ちなみに給湯器やエコキュートも作っています。

以上、タカラさんメーカー研修の様子でした。
2月6日、7日の安城市民会館で開催予定の
>「リフォーム専門建築士による展示、相談会」div>
アーキプロ主催イベントに参加いただきます。

タカラさんのユニットバス、キッチンも展示していますので
是非、ご興味のある方はお越し下さい。
いつものマジックショーの様な説明も聞けると思いますよ。


〜人と建築で結ぶ一生涯のお付き合い〜












posted by アーキ・プロ at 17:19| 愛知 ☁| Comment(0) | ショールーム見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

メーカー研修

愛知県安城市、刈谷市の一級建築士リフォーム事務所
アーキ・プロ 中井です。

今週は安城市でもぐっと寒くなり、水曜日には今シーズン初雪でしたね。
みなさんお仕事等、大変だったのではないでしょうか。

ところで昨日は暦で一番寒い、大寒だったそうですね。
ラジオでも言ってましたが、大寒の朝に組んだ水は痛まないとされ、
大寒に味噌やお酒を仕込むと良いとされているようです。

また、大寒の日に産み落とされた卵は、「寒たまご」と呼ばれ
風水的に金運をアップする効果があるそうです。

試してみて下さい。笑

さて、本題ですが昨日大寒はアーキプロではウッドワンさんと
タカラスタンダードさんのショールームにて勉強会を受けて来ました。

といいますのも、1月、2月とアーキプロでイベントを行いますので
皆んなで、しっかりと最新設備や建材の勉強をして来ました。

その勉強の様子を少しレポートします。
まずはウッドワンさん
ウッドワンさんは建材、設備の総合メーカーさんですね。

本社は広島で特徴はなんと言っても
ニュージーランドに淡路島位の面積の森を持っていて、
計画植林している自社の木材を活用した建材や
無垢扉を採用したキッチン等でしょうか。

で、これがナチュラルなインテリアでとてもカッコ良いんですよね。
E7578067-0564-4267-8FF5-5D6A59872EF5.jpg

CEB1F5DD-4568-4D84-B285-1882382576DC.jpg00503DA8-F91A-4583-B919-6F80F8BECD06.jpg42ABFFFF-13C6-4F36-938A-47BEAE3B17EF.jpg8A28C86C-20AD-485A-9682-AC992DA93A36.jpgD4036DA7-C164-4E53-BFA1-FD12125A37F7.jpg
美濃焼きタイルを貼ったシステム洗面
オーダーで作るよりも工期が断然早く、
このデザイン質感としてはお値打ちです。

E75C1098-AD7F-4784-93EF-0646888E5114.jpgE9165D04-284C-47A3-9B3C-47FEBF3ECA7F.jpg


詳しくはこちらをご覧下さい。
では、次回タカラスタンダードさんも
見所満載です。
乞うご期待下さい。

〜人と建築で結ぶ一生涯のお付き合い〜




posted by アーキ・プロ at 10:59| 愛知 ☁| Comment(0) | ショールーム見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

LIXIL Passive first Pavilion

愛知県安城市・刈谷市の一級建築士事務所アーキ・プロ株式会社です。

6月から開催されたサッカーW杯も本日、ドイツの優勝で幕を閉じましたね。
今回、日本代表は残念ながら予選敗退してしまいましたが、
個人的には非常にレベルの高い世界のトップレベルの選手が活躍していて
興味深い試合が多かった様に思います。
次回大会では日本代表も決勝トーナメントに勝ち上がれると更にテンションが上がりますよね。

さて本題ですが、
先日、豊田市にあるエコフルタウン内の
LIXIL Passive first Pavilionに
行ってきました。
外観.jpg
既にご存じの方もみえると思いますが、
エコフルタウン?
LIXIL Passive first Pavilion?
なんじゃそれ?
という方もみえると思いますが、

豊田エコフルタウンというのは
豊田市が低炭素社会モデル地区として平成24年5月にオープンした施設です。
http://toyota-ecofultown.com/
施設内には最先端の環境技術開発に取組む企業や市民が
実際に次世代の環境技術を体験できる住宅の展示棟やレストラン
エネルギーなどの環境設備、緑化などの展示、体験施設があります。
看板.jpg
その中にあるのが
LIXIL Passive first Pavilionです。
住宅の設備、建材メーカーでもあるLIXILさんが
住宅の展示棟をオープンしたと聞き、
「ヘー、なんで?」と思われる方もいるかも知れませんネ。
実は自分もそう思っていました。

ところが、これはただのショールームや展示場ではありませんね。
LIXILの展示棟は2棟建っていて
1.ギャラリー棟「最新の環境技術の体験展示」
2.リフォーム棟「既存住宅の環境対応リフォーム展示」があります。

1.ギャラリー棟では新築を想定して
断熱、採光、通風をよく考えてあり温度差が少なく快適に効率良く
過ごせる工夫がされていました。
新築2階リビング.jpg

また、構造は木造で大空間を実現する「Smart Skeleton Gate」
や建材は地元地域材を利用したフロアー、枠材などが活用されていました。
床材無垢ひのき.jpg

2.リフォーム棟では既存住宅のリフォームを想定して
解体工事や廃材をなるべく軽減する工法として
断熱エコリフォーム工法として内窓インプラスだけでなく
床、壁材も解体不要の内張り断熱ココエコの展示。
ウォールインプラス.jpg

既存の壁を活かして繊維で補強するアラミド耐震改修工法など
面白い展示もありました。
アラミド耐震改修工法.jpg

是非、ご興味あるかたは一度足を運んでみてください。

リフォーム棟リビング.jpg

断熱工事などに関する補助金も利用できる場合があります。
一般社団法人 環境イニシアチブ
http://zero-ene.jp/material/top.html
*期間、条件等はHPでご確認下さい。

お得な補助事業も賢く利用しましょう。


〜人と建築で結ぶ一生涯のお付き合い〜
http://www.archipro.jp/







posted by アーキ・プロ at 16:23| 愛知 🌁| Comment(0) | ショールーム見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする