2010年06月25日

安城市S様邸基礎補強工事-3

愛知県安城市の一級建築士リフォーム事務所
アーキ・プロ日記です。


サッカー日本代表やりましたね。
朝3:30から起きて応援してて良かったです。
なんと、デンマーク3−1で勝っちゃいました。
歴史的瞬間でした。
まさか…こんなに点を取ってしまうとは…
久しぶりに興奮しました。グッド(上向き矢印)

さて、今日は今年初めての
安城市の無料耐震診断の現地調査に行って来ました。
今年も多くの申し込みが寄せられている様です。
安城市は補助金が今年から上限85万円に増額に
なりましたのですごくお得ですね。わーい(嬉しい顔)

安城市S様邸基礎補強工事-3です。
いよいよアラミド繊維を張って完成です。
寸法を確認して切り分けます。
P1000315(1).JPG

通常鉄筋が来る位置にアラミド繊維を貼っていきます。
P1000339(1).JPG
開口部の補強も念入りに行います。
P1000340(1).JPG
2重に補強を入れて
これでアラミド補強は完成です。
P1000367(1).JPG
仕上げはここから化粧モルタルを塗って完成です。
今回は基礎が下がった事で一部隙間が出来て
サッシが閉まらなくなったのでサッシ入れ替え工事と
内装床工事を行いましたが、通常基礎補強だけであれば
ここまでの工程で基礎補強が出来る為、内装を触らずに
補強が出来てしまいます。

よって、従来基礎補強にかかる付帯工事
(解体、基礎補強、内装など)が大幅に縮減でき、
コスト、工期共に負担が少なく済みます。

今後ますます普及して来ると思います。
ご興味にある方はお問い合わせください。

木造の基礎、柱、土台にもホールダウン金物などの
代わりに使える様なアラミド商品も出て来ています。

7月10日(土)、11日(日)
安城市民会館にて
『納得&安心無料展示相談会』開催予定です。

上記、アラミド繊維も展示予定です。
皆様のご来場をお待ちしております。

〜人と建築で結ぶ一生涯のお付き合い〜
http://www.archipro.jp/
posted by アーキ・プロ at 17:47| Comment(0) | 耐震補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

安城市S様邸基礎補強工事-2

愛知県安城市の一級建築士リフォーム事務所
アーキ・プロ日記です。


昨日のサッカー日本代表のオランダ戦は非常に惜しかったですね。
もっと押し込まれるかと思っていましたが、頑張って守った感が
ありました。
まだまだ、デンマーク戦が楽しみです。サッカー

さて、安城市S様邸基礎補強工事-2です。
ひび割れた基礎です。
まずは基礎表面の化粧モルタルをはがして
底盤まで土を掘ります。
P1000232(1).JPG

クラック補修をします。
エポキシ樹脂を注射器で注入して行きます。
P1000243(1).JPG

ボンドです。
P1000263(1).JPG

サンダー掛け後平滑に下地を作ります。
P1000299(1).JPG

いよいよアラミド繊維を必要枚数切り分けていきます。
P1000315(1).JPG

本日はここまでです。
次回はアラミドを貼り完了です。

本日もリフォーム専門建築士による
住宅リフォーム無料相談会を開催しました。
雨の中、ご来場頂き誠にありがとうございました。

今月から毎週日曜日になりましたが毎週の様に
ご来店、ご相談を受け本当にありがたい事です。
今後共、永いお付き合いの程よろしくお願い致します。

〜人と建築で結ぶ一生涯のお付き合い〜
http://www.archipro.jp/


posted by アーキ・プロ at 19:13| Comment(0) | 耐震補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

安城市S様邸基礎補強工事 

愛知県安城市の一級建築士リフォーム事務所
アーキ・プロ日記です。


いよいよサッカーワールドカップ開催ですね。
どうなる事でしょうexclamation&question岡田ジャパンサッカー
奇跡を信じて応援するしかありません。
また眠れない日々が続きそうですね。

さて、気づいたらあっという間に1ヶ月ぶりの更新
になってしまいました。すみません。

久しぶりに現場のご紹介です。
今話題のアラミド繊維を使った基礎補強工事です。

アラミド繊維とは…
宇宙・航空機などの最先端分野から
防弾チョッキ、タイヤ、スポーツ用品など
幅広く使われている素材です。
http://www.fibex.co.jp/aramido/fibex2-aramido.htm

以前、TV番組などでも何度か登場した事が
ある素材、工法です。

主に用途としては
無筋基礎などにこのアラミド繊維を巻く事で
基礎補強が可能になります。

現在、ビルマンションのコンクリート補強や
橋梁、トンネルなどの補強にも多く採用されています。

今までは住宅の基礎補強だとコスト面でも工事面でも
負担が大きく、やりたくても出来ないという事が
多々ありました。

このアラミド補強の場合は室内の床組みなどを
壊さずに出来るので、付帯工事が少なく全体の
工事金額や工期を抑える事が可能なので、今後
リフォームの基礎補強では増えてくるのではないかと
思います。

今回、ご紹介の安城市S様邸基礎補強工事は
リビングのサッシが隙間が多くなって来て
気になって調べたら床が傾いている事がわかり
基礎補強をさせていただく事になりました。
順番にご紹介していきます。

まずは、地盤を調査しました。
P1020230.JPG

結果、地盤は補強するほどでもなかったのですが

@盛り土部分が比較的 弱い事
Aピアノなど重い物を置いてあった事
B無筋基礎の強度不足である事
C通し柱下で一番建物重量がかかる場所だった事
D足洗い場がコンクリートで水が漏れていた事

基礎、地盤は複雑な要因が多く
簡単には結論が出ませんし、中途半端な事をすると
無駄に費用だけ掛かって効果があまり出ない事も
あり得ますので今回はひとつづつ原因を調査して行きました。

まずは、ピアノの撤去、基礎の補強です。

工事前準備です。
犬走りを壊します。
P1000196(1).JPG

換気口廻りのヒビ割れです。
P1000232(1).JPG

表面の仕上げコンクリートをはがして削った状態です。
補強状況はまた次回ご紹介します。



〜人と建築で結ぶ一生涯のお付き合い〜
http://www.archipro.jp/
posted by アーキ・プロ at 20:49| Comment(0) | 耐震補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする